犬が寝たきりになる前にできること

ドッグマッサージ

犬たちが歳を取って10歳も超える頃になると、
身体にいろいろとトラブルも現われます。

「愛犬が立てなくなった。」
「動けなくなった。」

すると、次には介護ハーネスや介護ベッドを探す・・・。

歳も歳だからだから・・と、
飼い主さんもそこのところで納得してしまうのかもしれません。

 

愛犬が立てない・歩けないとなると、
「可哀そうだからそっとしてあげよう・・。」
という思いも分からなくもありません。

けれど、歩けたり思い通りのところへ動けることの方が、
犬にとってはずっと嬉しいはずです。

それは脳への刺激にもなり、全身の神経を活性させます。

歩けなくなる原因は老化だけでなく、脊椎のヘルニアや神経疾患(馬尾症候群など)や内臓の病気が原因のこともあります。

 

老化が原因で筋肉が固くこわばってしまい、
歩きにくくなっているケースも多いです。
そのままにしていると、筋肉量が減っていき寝たきりになる可能性が出てきます。

 

それにはドッグマッサージをぜひ試してみて頂きたいです。

マッサージで固くなった筋肉をほぐして柔軟にしてあげると、
身体の動きや歩くことが楽になります。
血流もリンパの流れも良くなり、神経にも良い刺激になります。

歩きやすくなれば犬は本能で歩こうとします。

 

実際に病気の後遺症で歩けなくなった子が、
毎日のマッサージで歩けるようになって亡くなる数日前まで散歩にも行き、
16歳の天寿を全うした子がいました。

ドッグマッサージで散歩が復活し、
寝たきりにならずに済んだお手本のような実例です。

 

歩くスピードがゆっくりになってきたな・・と感じることがあったら、
お家でのマッサージを習慣にして頂きたいです。

シニア期に入ってまだまだ元気!という頃から始めるのがベストです。

コメント

Scroll Up
テキストのコピーはできません。