若い犬へのマッサージは必要でしょうか

ドッグマッサージ

ドッグマッサージは年老いたシニア犬向けだけのものではありません。

成犬になってまだまだ元気があふれているワンコにも、
ドッグマッサージは行ってあげてください。

幼犬でも成犬でも犬にとってマッサージは気持ちいいこと。

マッサージをすることで飼い主さんがもっと大好きになり、
信頼を深めてコンタクトが取りやすくなる利点もあります。

 

人もそうですが、若い頃は疲れ知らずというか、
血行もいいですし筋肉を使っても回復する力がありますね。

犬も同じです。

 

ですから、
タッチしてもそれほど筋肉が固くなっていないことが多いです。

 

直接筋肉に働きかけるようなマッサージでなくても、
全身をゆっくり撫でてあげること。

それだけでもマッサージになりますので、
ぜひやってあげてください。

 

まず、こちらがゆったりとした気持ちで始めましょう。

身体に沿うように手の平をあてて、
ゆ~っくり滑らせるように撫でていきます。

首から背を通ってしっぽへ、
(身体の大きい子は手の幅分ずらし何度かに分けて)
首から肩を通り前肢の先、
背からお尻を通り後肢の先へ。

ゆっくりゆっくりとした手の運びです。

これを何度か繰り返します。
(ただ、身体が温まりますので夏は控えめに・・)

 

一日の終わりやお昼寝で、
わんちゃんがゆったりと横になっている時などがいいですね。
精神的な落ち着きにもつながります。

 

マッサージの体験教室を受けられた方は、
基本のテクニックも行ってあげてください。
力加減には注意してくださいね。

〈注意〉
マッサージは無理やり行うものではありませんので、
こちらの都合で押し付けないのがルールです。
マッサージ嫌いにならないように、
信頼関係を壊さないようにしましょう。

コメント

Scroll Up
テキストのコピーはできません。