犬のオヤツをあげるときにできるトレーニング:その2

犬との暮らし

その1に続き、おやつを使ってできるトレーニングです。

今回のはストレッチと言った方が良いかもしれませんが、
高齢になったわんちゃんにはトレーニングにもなります。

首回りのトレーニング&ストレッチ

わんちゃんはオスワリの状態です。

飼い主さんはオスワリしたワンちゃんの背にまわり、膝をつきます。
オヤツを持ち、わんちゃんの鼻先に持っていき前を向かせます。
この姿勢が基本の状態です。

先ず、基本の状態からおやつを持った手を上に持っていくと、わんちゃんは上を向きますね。
首がぐーっと伸びていますか?

身体が動かないように、空いているもう片方の手でわんちゃんの胸を支えておくといいですね。

次に、今度はおやつを持った手を下へもっていき、うつむいた姿勢になります。

上へ、下へ、と動かしたら、正面を向いた基本の姿勢に戻ります。

次は、左右の動きです。
上下のときと同じように、顔を左右に動かします。

わんちゃんを中心に円を描くようなイメージで、
オヤツの持った手を右へ大きくゆっくり移動します。
(大型犬の場合は飼い主さんは立ったほうがやりやすいかも)

右から正面へゆっくり戻し、同じように左へ大きく動かします。

このときも、わんちゃんが身体ごと動いてしまわないように、空いているもう片方の手で胸をささえておきます。

ゆっくり正面を向いた基本姿勢に戻ります。

上・下を2回、左・右と2回、の程度を1セットにして、
慣れに合わせて増やすといいと思います。

セットの区切りにはご褒美をあげてくださいね。

ポイントは・・・

  • 身体をささえておいて、しっかりと顔・マズルがよく動くようにします
  • オヤツを持った手は大きくゆっくり動かすのがコツです。
  • わんちゃんが目だけでオヤツを追いかけないようにしましょう。

これで首の筋肉のトレーニング&ストレッチになります。

高齢のわんちゃんは肩甲骨周りのマッサージをしてあげてから始めるといいですね。

人でも同じですが、年齢をとると首周りの筋肉が固くなって可動域が狭くなっています。
こんな動きでも結構しんどかったりします。

オヤツをあげるときにも、ちょっとしたトレーニング。
遊びのひとつとして楽しんでやってみてください。

犬のオヤツをあげるときにできるトレーニング:その1
犬のトレーニングは室内にいてもできますよ。 犬たちのトレーニングというと、 散歩で歩いたりドッグランで走ったりしないと・・と思っていませんか? 私たちが自宅でストレッチや筋トレをするのと同じで、 お家でもちょっと工夫をすればトレーニ...

コメント

テキストのコピーはできません。