犬の歩き方が遅いのは肥満が原因では?

犬との暮らし

愛犬の歩くのが遅いな・・と感じたとき、
シニアだし老化かな?
ひょっとして病気では・・?とちょっと不安にもなりますね。

 

でもちょっとその前に、
わんちゃんの体型はどうですか?

コロコロとまん丸な体型ではありませんか?
肥満体型の子は背中が平らになり、
お腹周りがずん胴でくびれも無くなります。

肥満がすすむと歩く速度が遅くなったり、
散歩途中で休むことが増えたりします。

愛犬を毎日見ている飼い主さんにとって、
体型の変化は気付きにくいということもあります。

 

肥満による体重の増加は膝など関節への影響が心配されます。
もしも膝関節を悪くすると次に股関節にも影響していきます。

また、肥満は万病の元と言われるように、
内臓疾患につながる可能性も大です。

人の場合でも高血圧・糖尿病・心臓病などなど、
疾病を招くことは周知の通りで犬でも同じと言えます。

 

左右に身体を揺らしてヨチヨチ歩く姿を見て、
「可愛い~♡」とか、
「マイペースだからね・・(^^;」
とか、言ってる場合ではないかも知れません。

 

愛犬の歩くのが遅いとき、
歩いても歩いても身体が重くて歩けない・・としたらどうですか?

 

犬は自分でダイエットできません。
愛犬の健康のため、体重管理はしっかりしてあげたいもの。

体重は小型・中型犬なら抱っこして計れるので、
定期的に計る習慣にするといいですね。

コメント

Scroll Up
テキストのコピーはできません。