実験:マッサージを12日間止めた結果【動画】

我が家の愛犬レイ ドッグマッサージ

股関節形成不全のわが家の愛犬レイくんには、
毎日朝の散歩前に3分ほどのマッサージを行っています。
6才秋から、毎日欠かさず習慣になって続いてきました。

が、

この度、実験的に一度マッサージをやめてみました。

なぜそんな可愛そうなことをしたのか?という話は、
あとにするとして、
マッサージを止めてみて、思いもしない結果が表れたので
ここに残しておこうと思います。

マッサージを止めるとどんな変化が出るのか?

マッサージをやめてみたものの、
やめてからどれくらいの日数でどんな変化が出るのか?
全く分かりません。

そんなことも考えつつ、もう一日、もう一日、と
マッサージをしないまま散歩に出る日が続きました。

散歩のようすに変化が・・

マッサージを止めてしばらくすると、
散歩のようすが変わってきました。

家を出てしばらくの道中が、散歩になりません。

寄り道や止まって動かないことが多くなり、
歩くエンジンがかかるまで、あれやこれやと手を焼く毎日になりました。

これがマッサージをしなくなったせいだとはしばらく気付かず、
そういえば、家のリフォーム中のときもマッサージができなくて、
同じようなことがあったっけ・・。と、思い出しました。

マッサージの力は、ハンパないです。ほんとに。

 

歩き方の変化

マッサージを止めてから、ほぼ毎日スマホで動画を取りました。

ずっと撮りためたビデオを何度も見ていて気がついたのがこれです。
後ろ足の歩くリズムに注目してみてください。

 

これはマッサージを止めて10日目の歩様です。

左足の着地時間が短く、歩くリズムがアンバランス。
分かっていただけますか?

また、左の足根の動きが悪い感じがします。

左脚が気になります。
そういえば、
オシッコの時必ず支えにするのが右足だと思い出しました。

 

マッサージを再開

いつまでもマッサージを止めることが不安になって、
結局12日を経過して、マッサージは再開しました。

そして、

いよいよマッサージを再開!と、後ろ足の太ももに触ってビックリ!!

筋肉を触ると、右足の太もも内側~膝周りの筋肉がムチャ張ってる。
そして硬い。

やっぱり、右足が左をカバーしてたんだ。。。

 

股関節形成不全を抱えている以上、
何もしなければ、トラブルのある部分はもちろんのこと、
かばおうとして別の筋肉もこうした拘縮を起こしてしまうんですね。

一部分の筋肉がこわばると、いずれ身体のバランスを崩すことにも繋がります。

これが積み重なると、歩くのを嫌がるようになって、
散歩の質が低下し筋肉量が減少してしまいます。
悪循環です。

マッサージを止めるとこういうことになる。
これが結果でした。

 

マッサージを再開してからその後。

3週間経った日の歩様がこれです。

歩き方の違い。分かっていただけますか?

歩き方がなめらかで楽そうでしょ?!

 

股関節形成不全の子は体重を増やさないことと、
股関節を取り巻く筋肉をしっかり付けて筋力を維持すること。
そのために、マッサージは良い効果が期待できます。

 

  • マッサージで筋肉が柔軟になる

    痛み違和感がなくなる

    関節の動きが良くなる

    よく歩ける

    筋肉がつく

    股関節が安定
    する

    さらによく歩ける

    筋肉がつく

    という良いサイクルが回りだします。

 

これまで2年近くマッサージを続けてきて、
散歩の質も向上し、順調に筋肉量も増えてきていたので、
この間、持病の股関節形成不全のことが気になることはありませんでした。

 
今回、何度も動画で歩様のようすを撮って観察してたことで、
毎日のマッサージを止めるとこんなに身体に影響が出るのか・・、
というのが分かりました。

 

そんなことで、最初に書いたように、
この度はマッサージの効果を確認するためちょっと可愛そうなことをしてしまいました。
これから先高齢になっても筋力を維持できるように、期待を込めてマッサージはずっと続けていきます。

この先、マッサージを止めることは二度とないです。ハイ。m(_ _)m

追記:レイはこの動画の翌年2月に8歳で旅立ちました。
脾臓の血管肉腫でした。動画を残してくれたレイに感謝しています。

コメント

Scroll Up