犬の散歩で大切なこと

犬との暮らし

犬がいれば、朝・夕の散歩は欠かせない日課です。
大型犬ともなると、1時間くらいかけて散歩されている方も多いかと思います。

毎日の習慣となっている犬たちも大好きな散歩ですが、
さて、その内容はどんなでしょうか?

改めて、愛犬との散歩について振り返ってみます。

[outline]

散歩は時間だけで評価できない

先ほど、大型犬ともなると1時間かけて散歩をする方もいる。と書きましたが、
もしも散歩に30分しか掛けてないとしても、気にしないでくださいね。

散歩の時間が長ければ長いほど良いか?というと、一概には決められません。

肝心なのは散歩の中身です。
同じ1時間でも、クンクン臭いを嗅いでばかりで、なかなか前に進まない子と、
あまり立ち止まらずサッサと歩いて進む子とでは、
まったく歩いている距離が違ってきます。

じゃ、距離なのか?というとそれだけでもありません。

散歩は運動?

以前に何かで読んだのですが、
アジリティやディスクなどの犬のスポーツは運動と言えるが、
散歩は運動ではないと書かれていました。

たぶん、スポーツをすれば筋肉が鍛えられる=運動、という定義なのかと思います。

確かにトコトコ歩いては止まって臭いを嗅いで、
また数メートル歩いては臭いを嗅いで・・を繰り返す散歩では、
運動とは言えないかも知れません。

けれど、筋肉を付ける方法はドッグスポーツしかないということはなく、
散歩でも筋肉は鍛えられて筋肉量が増えます。

要は、その散歩の内容がモンダイなだけです。

足に筋肉を付ける散歩の方法

オーナーさんが、リードを持っているだけで、
犬の歩くまま後ろを着いて行ってる散歩。
これは運動とはほど遠いですね。

やはり、歩き方はある程度オーナーさんがリードしていく必要があります。
歩く速度も少し小走りに近い歩き方をすれば、負けじと犬は動きに付いてきますよ。

最初はちょっとしんどいですが、オーナーさんも自分の運動と思って、
リズムよく、サッサッサッサッと歩いてください。

たまに立ち止まってクンクンすることも有るでしょうが、
ちょっと嗅いだら「行くよー」と声を掛けて歩き出すようにします。

ドッグスポーツやドッグランで走り回らなくても、
しっかり歩けている子は良い筋肉が付いています。
後肢の太もも周囲が大きくて、とても触り応えがありますよ。

散歩の前にマッサージ

ドッグマッサージはこうした散歩の前にやってあげるのがとても有効です。

血行も良くなり筋肉が柔らかくなるので、
可動域が広くなって足も伸びやすくなります。

股関節や膝に心配のある子は、寒い時期など特に散歩前のマッサージをしてあげたいですね。

コメント

Scroll Up