犬のマッサージの方法|力の加え方

ドッグマッサージ

犬にマッサージを行なうときは、幾つかの大切なポイントがあります。
これから少しずつ紹介していこうかと思います。

そこで、今回は「ドッグマッサージの力加減について」です。

 

マッサージ教室では、いつもこの力加減の説明に加えて、
実際に飼い主さんの腕でマッサージのタッチを体感してもらいます。

この時の皆さんの反応は、
「えー。こんなのでいいのぉ~?」という方がほとんどです。
その力加減がやさし過ぎる・・。と、びっくりされます。

たいていの場合、わんちゃんにも自分の足や腕を揉むときと同じような感じでモミモミされているようですね。
そして、たぶん力も加わっているように感じます。

なぜ犬のマッサージで力を入れ過ぎるといけないか?

筋肉というのは、そもそもが細い筋繊維が束になり、その束がさらに集まってひと塊りの筋肉を形成しています。

筋肉を上からの強い力で押すと、筋繊維は潰されたり切れたりすることがあり、それが炎症となって時には痛みも出ます。
これがマッサージあとに経験する「揉み返し」の痛みです。

傷んだ部分は修復されていきますが、その間の筋肉は固くなります。
人はこうなると更にコリを感じてしまい、もっと強く揉まないと気持ちよく感じない。という悪循環につながっていきます。

ここまでは人の場合の話ですが、
人間よりずっと筋肉の小さいわんちゃんに、同じことが起こってはいけないですよね。

 

さわる、撫でるだけでも、筋肉にはちゃんと届いています。柔らかくなります。
筋肉が柔らかくなれば、犬たちの頭も持ち上がりますし、背中や腰も手脚も楽に動かせるようになります。

 

マッサージの方法が知りたいのに「撫でる・・」という説明では、物足りなさを感じるかもしれません。
でも、筋肉に負担をかけては、せっかくのマッサージが台無しです。

最後にもう一度。
ご自宅でのわんちゃんのマッサージ、筋肉をモミモミ揉まないでくださいね。
(人の場合も、同じのようですよ。)

コメント

テキストのコピーはできません。