お別れ

日記&備忘録

16日土曜日、愛犬が亡くなりました。
8歳でした。

今思えば、私の乳がんと同じ頃に、
レイの身体にガンが潜んでいたことになります。
そんなことに気が及ばず・・・。

 

ガンは脾臓の血管肉腫でした。
たぶん転移だと思われる喉頭蓋と気管の病変で、
呼吸に障害が出てきていました。

 

血管肉腫は発見できたときには、
ほぼ身体中にガンは散らばって転移している場合がほとんどです。

破裂すれば腹腔内に大量出血して死亡します。
それだけは避けたくて脾臓の摘出手術を受ける決心をしました。

 

フードも変えて手作りごはんを足すようにしました。
漢方薬も始めました。

喉のようすはよくありませんでしたが、
食欲もあり元気に散歩も行くようになっていました。

 

ところが、
脾臓摘出から24日後の朝、胃捻転を起こしました。

緊急で手術を受けることができて、
命は落とさずに済みましたが、
この時のダメージは後々ずっと残りました。

食べても嘔吐する・・の繰り返しで、
体重はどんどん減っていきました。
体力も当然落ちていきます。

 

それでも調子が良いと散歩も行くし、
窓の外を歩く犬に吠えたりしていました。

吠えたり..と書きましたが、
もう声は出ていませんでした。
喉の病変で声帯も動かなくなっていたんでしょう。

 

何度も通った輸液に行く日、
その日もうれしそうに自分から車に乗り込みました。

しばらく走ったとき車中で様子が急変しました。

病院に到着してすぐに処置をしていただき、
しばらく落ち着いたのですが最期となりました。
喉には粘着性のある痰が絡んでいたそうです。

今思うと、道中で嘔吐したのも、
痰で呼吸が塞がれたため慌てて吐こうとしたんでしょう。

 

血管肉腫と分かってからは、
お別れの日はそう遠くないだろうと覚悟はしていました。

肺や肝臓への転移もありましたから、
あとは負担になるような治療はせず、
苦しまない日を送ってほしい。と願っていました。

 

突然の胃捻転は番狂わせでした。
命拾いはしたものの、
そのあとの日々はレイにとっては辛かったと思います。

まだまだこの倍は生きてほしかった。

たった8年と8ヶ月。
こんな若い子のさよならは初めてで、
悲しいし残念で悔しいです。

 

けれど今は、
お腹や喉の気持ち悪さや苦しさから開放されて良かったね。
と、思うことで気持ちを整理しています。

レイがいたおかげでいろんなことを経験しました。
ドッグマッサージだって、
レイの股関節形成不全をカバーするために始めたんですから。

レイ。ありがとね。またね。

コメント

Scroll Up