愛犬の芽以が突然歩かなくなった。その原因が・・

日記&備忘録

日曜日のこと、芽以(ウチの愛犬)が夕方の散歩途中で突然歩かなくなりました。

何かイヤなことか気になることでもあるのか・・と思って、しばらく待ちましたが歩きません。
私が身をかがめて「おいでおいで~」と言うと、そろりと2歩くらい歩きます。

 

何度か試してみましたが同じように2・3歩でまた止まります。
そのうちオスワリしたまま動かなくなりました。

さっきまで普通に歩いていたのに・・突然なにが起きたの??

 

しかたないので抱っこして帰ることにしました。
痛いのか小刻みにプルプル震えているのが伝わってきます。

家までは300か400mほど・・。体重8kgでも段々ずしりと重くなってきて、何度か下ろしては、また抱っこし直して帰り着きました。

 

散歩のあとは楽しみな夕ご飯。いつもならぴょんぴょん飛んで催促するのに、ずっとお座りしたままです。
でもご飯は問題なくいつもの通りに食べてくれたので、先ずはひと安心。

改めて様子を観察すると・・・。

尻尾をピタッとお尻にくっつけて身体を固くしています。
立ち上がろうとする動きが辛そう・・、左後ろ足がかすかに震えてる・・?

 

腰?あし?
膝や股関節をさわっても別に変ったことも無さそうだし・・。

夜は身体全体をマッサージしてあげたので、身体のこわばりは緩んできたようでした。

 

朝になりました。
シッコとウンチに行けるだろうか?

身体を全部触りながら、ふと気になって足の先をひとつずつ触ってみると・・・。

あれ?
左後ろ脚の肉球が固くささくれたようになっているのが指に当たりました。

ひょっとしてこれが痛いのかも・・。

そこで試しに、肉球に傷テープを貼ってみました。

 

それから散歩に出ると、最初はスローでしたが、だんだんいつものような歩き方になりました。

当たり!
歩かない原因は肉球が痛かったことのようです。

 

3日経った今朝は、まるでそんな出来事が無かったかのように、またピョンピョン飛び跳ねるように走っています。

 

芽以はウンチの後のクセで、いつも後ろ足で砂をかけるように地面を掻きます。
地面が土じゃなくて大抵コンクリートやアスファルトですから、肉球にダメージもあったのだと思います。

 

シニアになって肉球の潤いも減ってきているのかもしれませんし、そろそろ空気も乾燥する頃になってきているので、ケアが必要!と早速ネットで肉球用のクリームを注文しました。

 

あの時は明日(翌日の月曜日)病院に行くまで大丈夫か・・とハラハラしていたのに・・・。

笑い話みたいな結果になりました。^^;
ま、良かったです・・・チャンチャン♪

P.S.
傷テープが毛にくっついてしまってて、どうやって剥がそうか・・ただ今思案中💦

コメント

テキストのコピーはできません。