京都動物愛護フェスティバルに参加

京都動物愛護フェスティバル2018 日記&備忘録

昨日は例年どおり、京都動物愛護フェスティバルがありました。

写真のステージでお話されているのは、
京都動物愛護センター名誉センター長でもある杉本彩さん。

杉本さんはEVAという財団を設立し、
動物の環境・福祉の向上を目指して活動されています。
譲渡会などのツイートもよく目にします。

 

今年もフェスティバルに参加した犬のマッサージコーナー。

昨年の愛護フェスティバルでは、
先生がマッサージする様子をブースの影から見ていたのですが、
今年は私たちもお手伝いすることになりました。

京都動物愛護フェスティバル2018

見たことのない環境で落ち着けない子もいます。
慣れるまでの時間が限られるのが残念なところです。

自宅でもマッサージをやっていただけるよう、
ワンポイントアドバイスもさせて頂きました。


今回はわりと若い年のわんこの方が多かったかな?という感想です。

足を引きずった老犬と思しきわんこの飼い主さんは、
意外とスルーして行かれます。

なぜなのかなぁ・・。

特にそんな子たちにこそ、マッサージさせてほしいんですけどね。

次は高齢のわんこ達にも来てもらえるよう、
来年に向けての課題になりました。

コメント

Scroll Up