犬の朝のマッサージを1ヶ月やめた結果

日記&備忘録

4月から6月初めまでわが家はリフォーム中でした。
レイもいるので住みながら各室順にリフォームしていく方法を選んだので、荷物の移動もあってかなりのハードさでした。
(この機会とばかりに断捨離もがんばりましたが・・^^)

リォームがリビングやキッチン、浴室・洗面など水回り工事の時期はくつろぐ場所はありません。
私は抗がん剤治療も有り~ので、しんどい日にはかなりのストレスを抱えた時期でした。

 

そんなこんなで、
それまで毎朝の散歩の前にやってあげていたレイのマッサージも、いつの間にか生活パターンから抜けて1ヶ月ほどそのままになっていました。

その頃のレイの散歩というと、出かけてしばらくするとすぐに座って歩かなくなることが毎日続くようになっていました。

おやつで気を引いたり、テンションを上げようと誘導したり毎日苦闘していました。

 

やっとリフォームが完了して、だんだん以前の生活パターンに戻ってきました。

また、朝になるとレイは散歩の前にマッサージを催促するようになり「そうだったよね。」と、またマッサージを開始しました。
マッサージといっても、ほんの3分ほど全身を触ってあげる程度です。

 

ふと気がついてみると・・・。

散歩であれほど途中で止まったり座ったりしていたのに、マッサージを初めた途端よく歩いているではありませんか。
すっかり忘れてましたが、嘘みたいです。
これぞマッサージ効果。

状況が状況だけに仕方なかったとは言え、自分の体調のせいで余裕が無くなっていて、レイに手をかけてあげていなかったことを大いに反省^^;

と、同時に犬ってマッサージでこんなに変わるんだ!ってこと、再認識しました。

 

股関節形成不全持ちのレイも8歳のシニアになりました。
ますます毎日の積み重ねが大事と感じます。
これからこそ、筋肉をほぐしてしっかり歩いて、筋力を落とさないようにしないとね。

 

コメント

Scroll Up