犬の足の筋肉を増やしたい|散歩で歩いてくれない理由

白い犬 ドッグマッサージ

「筋肉を増やしたい」を逆から説明しますと、
足の筋肉が付かないのは・・歩かない(歩けない)ことが原因です。

答えが真っすぐすぎるかもしれませんが、使わないと筋肉は落ちます。
犬も人と同じですね。

使わない部分には栄養が届かなくなるそうです。

 

では、このように筋肉を落とさないよう、
筋肉を付けるにはどうすればよいでしょうか。

 

犬の足の筋肉を付けるために・・

足の筋肉を増やすためには歩きましょう!

当たり前やん!とつっこまれそうですが、
犬の足の筋肉を増やす方法は唯一歩くことです。

「歩く」というと、その方法は散歩になりますが、
今の筋力を十分に使った歩き方で散歩ができていますか?
ダラダラ散歩はダメですよ。

筋肉を増やすのに有効な散歩のしかたは、
こちらで紹介していますのでご覧下さい。
https://dogs-massage.com/sanpo-arukikata

 

筋肉を付けるにはしっかり歩く必要があります。

けれど、

中には「うちの子、歩いてくれないんです。」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

散歩でしっかり歩いてくれない理由

 

犬だって散歩の習慣は急に変えられない

さあ、きょうから散歩はしっかり歩くよ~!
と、オーナーさんが決めたとしても、
これまでの習慣になっていた散歩をガラッと変えるのは難しいです。

わんちゃんだって、意味わかりません。

いずれ習慣となることを目指して、
気長に少しずつ変えていきましょう。

最初は1分でも2分でもいいので、止まらずサッサと歩いてみてください。
リードを短く持って先導するのもコツです。

サッサと歩けるようになったら、徐々に時間を増やしていきます。

特にシニア犬・老犬さんは焦らないように。
楽しんでね。

 

また、わんちゃんが歩かないのではなく、
歩きたくても歩きにくい理由があるのかもしれません。

犬も体重が重いと歩きにくい

「歩かない・歩けない」原因の一つに挙げられるのは体重です。

愛犬の標準体型は保てているでしょうか?

立っている犬を上から見たときに、
肋骨と骨盤の間(脇腹)がくびれていますか?
肋骨が手に触れますか?

体重が1kg増えるだけでも、犬にとっては動くときに影響が出ます。

たかが1kgではないのです。

体重10kgの犬とすると1kgは1割なので、
60kgの人間なら6kgにあたります。

もしも、人の体重が6kg増えたら、
身体が重くて動きにくくなるのは想像できますね。

もしも、体重オーバーかな?と思えるなら、
ダイエットも頑張りましょう。

体重を少し減らすだけで、歩き方が変わります。
(うちの子で経験済みです)
わんちゃんはグンと歩きやすくなると思いますよ。

関節や筋肉のこわばり

筋肉や関節がこわばって動きにくくなっていることがあります。
老化から起こることが多いので、
シニアになると気をつけてあげて下さい。

これこそマッサージで改善できる可能性が高いです。
身体に触れば分かりますが、
筋肉が固かったり、冷たかったりします。

こういう子はマッサージ後、見違えるように歩き出します。

マッサージは治療ではないので治ったわけではありません。
できれば継続的にマッサージ行えば、
毎日の散歩も楽に歩けると思います。

毎日しっかり歩けば筋肉量は増えて筋力が付きます。

 

脊椎や足・腰の疾患

あと、考えられるのは脊椎や足・腰の疾患です。

病院の健診を定期的に受けていれば発見できますが、
気が付かないうちに骨や筋肉の異常や疾患が起きていることも。

例えば膝蓋骨脱臼や股関節脱臼などで足に違和感を抱えたまま、
我慢して立ったり座ったり歩いたりしている可能性があります。

犬は自分の弱みを見せたがりませんから、
人が毎日の様子を観察して発見してあげる必要があります。

 

  • おすわりの時に膝が流れる
  • 歩いている時にスキップをする
  • つま先を擦って歩く
  • 階段を上がると後ろ足がうさぎ跳びになる
    などなど、

オーナーさんの「おかしいな?」が、発見の糸口です。

まずは病院で診てもらいましょう。
異常がなければ、それでラッキー!ですから。

 

犬の足の筋肉を増やすために不可欠な散歩ですが、
歩いてくれないときの理由をあげてみました。

少しでも楽に歩けるようになって、
しっかり散歩で筋肉を付けましょう!

コメント

Scroll Up